淀川の河道の付け替え、及び河川公園の整備に伴い、従来使われてきていた量水塔を新しく作り直すことになりました。公園のシンボルとしても親しまれるよう、淀川に生える葦の葉の曲線を用いたデザインとしました。

 

 
 
    量水塔デザイン図1(CG画像)
 
  1. 整備方針
    • 淀川河川公園のシンボル
    • 河道付け替えに伴う新観測施設
  1. 整備コンセプト
    • 淀川の自然 ”葦” をイメージ
 
    量水塔デザイン図2
    (CG画像と現況背景写真との合成)
>>ページのTOPへ
Copyright (C) 2003-2017 GRUS Laboratory, All rights reserved